メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー・バングラデシュ

ロヒンギャ、押し付け合い 帰還進まず

 【ニューデリー松井聡】ミャンマー西部ラカイン州から隣国バングラデシュに逃れ、難民化した少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の帰還が進まず、難民キャンプの状況も改善されない中、両政府は自国の取り組みを正当化することに躍起になっている。一方、バングラでは5月にも雨期が始まるため、難民キャンプでは、地滑りなどの大規模災害発生への懸念が強まっている。

 ミャンマー政府は今月14日、バングラ政府と今年1月にロヒンギャ難民帰還で合意した後、初めてロヒンギャの一家5人が帰還したと発表した。一家には食糧や毛布などの支援物資が与えられた上で、現在は親類宅に滞在しているとして、「合意履行」を強調した。

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです