メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

今、インタビューしたい米政治家=東洋大学国際学部教授・横江公美

 今、アメリカ政治で一番インタビューしたい人はだれかと聞かれたら、間髪を入れず共和党ではポール・ライアン下院議長、民主党ではアル・ゴア元副大統領と答える。

 48歳のライアン氏は誰もが認める実力者である。トランプ大統領が約30年ぶりに大規模な税制改革を成し遂げられたのは、ライアン氏の献身的支えがあったからだ。予算に対する勤勉さと知識の深さは民主党議員も認めるほどだ。

 ところがライアン氏は先日、今期限りで政界から引退すると発表した。米メディアは驚きをもって報じたが、ライアン氏はつらい立場にいた。党への忠誠心から、意見を異にしてもトランプ大統領に寄り添い、法案を通すために野党の民主党とも折り合いをつけてきた。その仕事ぶりは献身的であるほど人気は反比例する。実は今期限りで引退することで、逆に将来の大統領への道をつないだとも言える。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. ORICON NEWS 多部未華子、岩田剛典からサプライズ花束「うれしい!」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです