連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

「国民の敵」暴走の恐れ 自衛隊3佐、国会議員を罵倒 識者「分断が戦争の要因に」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <access>

 民進党の小西洋之参院議員が16日夜、国会近くの路上で防衛省統合幕僚監部の3等空佐から「お前は国民の敵だ」と罵倒された問題は、戦前の暗い歴史を思い起こさせた。シビリアンコントロール(文民統制)の下にある現職自衛官が語った言葉の意味や影響を考えた。【和田浩幸、中川聡子】

 「日本国民よ! 国民の敵たる既成政党と財閥を殺せ! 祖国日本を守れ」

 1932年に海軍青年将校らが首相官邸を襲撃し、当時の犬養毅首相を暗殺した5・15事件。青年将校らは檄文(げきぶん)にこう記していた。犬養首相は「話せば分かる」と説得したが、将校らは問答無用で殺害。犬養内閣は戦前最後の政党内閣となり、以後、日本は軍部独裁の道を歩んだ。

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1207文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集