メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第2部 育ちの現場から/5 「完璧な朝食」親に負担

麻子さん宅の朝の食卓。「朝、子どもに食べさせるのはひと苦労。夕食よりハードルが高い」と話す=麻子さん撮影

 ●多忙な子どもたち

 午前7時20分。眠い目をこすりながら長男(10)が起きてくる。東京都中央区在住の麻子さん(45)=仮名=がこの日、食卓に用意したのは、ホウレンソウ入りの卵焼きとリンゴ、牛乳だ。「朝はモタモタする暇がないので、子どもが食べやすいものを。体がまだ起きていないので、ご飯は口にしたがりません」

 麻子さんはフードコーディネーターで料理はお手のものだが、朝は調理に割く時間がない。「おかずは前夜の残りものか、せいぜい卵焼きや汁ものを作るくらい。サラダは食べるのに時間がかかるので、野菜は漬物か作り置きのマリネを」。3人家族で、長男と夫が食卓を共にする。

この記事は有料記事です。

残り1813文字(全文2095文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです