メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

地方はいま/6 熊本県多良木町 希望のチャイム再び

再び休校した槻木小学校の前に立つ落合龍見さん。上治さん一家のため、町が校庭に建てた住宅(手前)は診療所になる予定だ=熊本県多良木町で3月

 小学校の向かいに建つ公民館でささやかなひな祭りが開かれていた。3月初め、熊本県多良木(たらぎ)町の槻木(つきぎ)地区。「今年は子供がいなくて寂しかね」。高齢の女性が、昨年8月から再び休校した校舎を見つめた。

 槻木は町の中心から車で1時間の山あいにある。人口約120人のうち、65歳以上が8割の「限界集落」だ。林業で栄えたが、外材に押され人は減り続けた。2007年に槻木小が休校、やがて50歳未満がいなくなった。

 今後も槻木で安心して暮らすには--。町は専門家に助言を求めた。「中核になる子育て世帯を呼び込み、休…

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1597文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです