メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

道手術記録、新たに521人分 計821人分、全体の3分の1確認

 北海道は18日、旧優生保護法(1948~96年)に基づき不妊手術を強制された障害者らの記録を新たに521人分確認したと明らかにした。3月に見つかった300人分と合わせ、手術時期や個人名などの記録が見つかったのは計821人。国の統計資料で道内で手術を強制された2593人の約3分の1に当たる。【日下部元美】

 道優生保護審査会で手術の実施が「適」とされたものの手術記録は見つかっていない493人分を含めた場合…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文544文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです