メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米首脳会談

米、TPP復帰見えず 貿易協議開始合意も

共同記者会見の最後に手を振るトランプ米大統領(右)と安倍晋三首相=米フロリダ州パームビーチで2018年4月18日、ロイター

日本との隔たり大きく

 【ワシントン清水憲司】日米両政府が18日に新たに合意した閣僚レベルの貿易協議では、米国が主張する2国間の自由貿易協定(FTA)交渉と、日本が求める環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への米国復帰の両方が議論される見通しだ。トランプ大統領は記者会見で、有利な条件を提示されない限り「TPPに復帰しない」と明言しており、厳しい交渉になりそうだ。

 貿易協議は、茂木敏充経済再生担当相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表がそれぞれ担当し、麻生太郎副総理とペンス副大統領がトップを務める既存の「日米経済対話」に内容を報告する。トランプ氏が早期のFTA交渉入りを強く迫る可能性もあっただけに、日本としては引き続きTPP復帰の利点を説く時間的な余裕を得た格好だ。

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです