メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米首脳会談

新貿易協議で合意 「自由で公正な取引」

茂木経済再生担当相とUSTRのライトハイザー代表で

 【パームビーチ(米南部フロリダ州)高山祐】安倍晋三首相は18日午後(日本時間19日午前)、米国南部フロリダ州のパームビーチでトランプ大統領と2日目の会談を行い、「自由で公正で相互的な貿易取引」に向け、茂木敏充経済再生担当相と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表による新たな協議を始めることで合意した。一方、トランプ氏は会談後の共同記者会見で、日本が求める環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への早期復帰に慎重な考えを示した。

 会談は約1時間50分行われた。安倍首相は共同会見で新たな協議について「日米の貿易や投資を拡大し、自…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです