メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸

日本初の花時計 10月にも撤去へ

市民の憩いの場になっているこうべ花時計=神戸市中央区で2018年4月9日午後4時43分、目野創撮影

 日本初の花時計として知られる神戸市役所(同市中央区)敷地にある「こうべ花時計」が、市役所庁舎2、3号館の建て替えに伴い10月にも撤去される。約60年間、市民に親しまれてきたが、庁舎南近くの東遊園地への移設が検討されており、市は今後具体的な移設場所などの詳細を詰める。【目野創】

 花時計は市庁舎2号館建設に合わせ市民や企業の募金を受けて1957年に作られた。直径6メートルの文字盤部分はパンジーやマリーゴールドなど約3000株の季節の…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 首相による違法行為の可能性は?「桜を見る会」野党ヒアリング詳報1

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです