メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高松

栗林公園、コイヘルペスで750匹殺処分へ

栗林公園の池を泳ぐコイ=高松市で2018年4月18日午後2時27分、岩崎邦宏撮影

 香川県は18日、国の特別名勝「栗林公園」(高松市栗林町1)の池で死んだコイ2匹が、コイヘルペスウイルス(KHV)に感染していたと発表した。同公園では2月以降、約250匹のコイが死んでいる。県は感染が広がらないよう国の指針に基づき、残る約750匹を殺処分する。同公園でKHVが検出されるのは初めて。【岩崎邦宏】

 KHVは、マゴイやニシキゴイに特有の病気で個体同士の接触や水を介して感染する。水温20~25度で発…

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文819文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです