メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土俵問題

中川・宝塚市長が「女人禁制」見直しの要望書

大相撲の春巡業で、土俵の下であいさつする中川智子・宝塚市長=兵庫県宝塚市で2018年4月6日午後2時3分、平川義之撮影

日本相撲協会訪問、八角理事長宛てに提出

 兵庫県宝塚市の中川智子市長(70)は19日、日本相撲協会を訪れ、土俵上は女人禁制という伝統に基づく方針を見直す議論を始めるよう八角理事長(元横綱・北勝海)宛てに要望書を提出した。市によると、対応した芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「要望を受け止め、理事会として議論を始める」と答えたという。

 中川市長は、地方巡業の開催地の首長のあいさつは土俵の上下にかかわらず男女同じ場所で行うことや、本場…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです