メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弔い方

自然葬が人気 隠岐の浪間に「散骨島」

島根県の隠岐諸島にあるカズラ島(中央)=運営会社提供

 永代供養をうたう納骨堂が都心部に相次いで建設されるなど、弔い方が多様化する中、遺灰を自然にまく散骨や桜などの木の近くに遺骨を埋める「樹木葬」も注目を集めている。「自然の中で眠りたい」と考える人が増えているほか、将来の墓守の心配がないとの理由で人気を集めているという。一方、風評被害の懸念からこうした自然葬の動きを条例で規制する動きも全国で相次いでいる。

 島根県の隠岐諸島に「散骨島」と呼ばれる小さな無人島がある。大山隠岐国立公園内にあるカズラ島(海士=…

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1226文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです