霧島連山

硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 19日午後3時39分ごろ、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山のえびの高原・硫黄山が噴火した。硫黄山の噴火は1768年以来で、250年ぶり。噴煙は最高で約500メートルまで上がり、火口周辺で大きな噴石の飛散も確認された。気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。宮崎、鹿児島両県によるとけが人はいない。

 同庁は、硫黄山から約2キロの範囲で噴火に伴う大きな噴石や火砕流への警戒を呼びかけている。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文678文字)

あわせて読みたい

注目の特集