ボクシング

尾川、資格停止6カ月 ドーピング陽性反応

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 プロボクシングの帝拳ジムは19日、昨年12月に米国で行われた国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフェザー級王座決定戦で王者となった尾川堅一(30)が、ドーピング検査で陽性反応を示したことにより6カ月の資格停止処分を受けたと発表した。試合も無効試合となった。

 処分は試合を管理したネバダ州アスレチック…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文337文字)

あわせて読みたい

注目の特集