メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

スターバックスで人種差別?8000店舗閉鎖し教育

 【ワシントン三木幸治】米コーヒーチェーン大手「スターバックス」は17日、来月29日午後に全米約8000のすべての直営店舗を一時閉鎖し、17万5000人の店員を対象にした人種差別を防止するための教育をすると発表した。東部ペンシルベニア州の店舗で、友人を待っていた黒人男性2人が店員の通報によって警察に逮捕されたことが発端となり、「黒人への差別だ」との批判を受けたための措置だ。

 スタバは昨年1月、難民の入国を規制するトランプ大統領の大統領令などに反発し、難民1万人を雇うと発表…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文576文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです