メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保護猫

秩父の施設で温泉とコラボイベント「癒やされて」

 埼玉県秩父市周辺で、捨て猫を引き取って育てて飼い主に仲介する「保護猫」を100匹以上飼育している「笑(にこ)にゃんこ王国」(同市下吉田)は20~22日、隣の温泉施設「星音(せいね)の湯」と連携したイベント「温泉とにゃんこのお楽しみ会」を開催。主催者は「人懐っこい猫と温泉の両方に癒やされて、1日ゆっくりしてほしい」と呼び掛ける。

 笑にゃんこ王国は、同所の温泉旅館「ばいえる」を家族で経営する引間貴子さん(54)が運営する。引間さんは30年以上前から捨て猫の保護を続けており、約20年前から3階建ての元社員寮を丸ごと改装するなどして、3棟延べ計約270平方メートルで保護猫を飼う。昨年6月には施設運営の一般社団法人「笑にゃんこの会」を設立した。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無資格の施設長が医療行為の胃ろう処置 神戸の特養老人ホーム 人手不足で

  2. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  3. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 東京都 新たな感染者195人 2日連続で100人超える 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです