セクハラ疑惑

テレ朝社員、被害報道相談に上司対応せず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
テレビ朝日本社=東京都港区で2018年4月19日、渡部直樹撮影
テレビ朝日本社=東京都港区で2018年4月19日、渡部直樹撮影

 テレビ朝日は女性社員が財務省の福田淳一事務次官にセクハラ被害を受けていたと明らかにした。19日未明の記者会見で「社員を傷つける数々の行為とその後の対応について財務省に対して正式に抗議する」と表明し、疑惑を否定した福田氏と見解が対立した。一方、女性社員が週刊新潮の取材を受け、録音データの一部を提供していたことも明らかにした。

 同社によると、女性社員は約1年半前から数回、取材目的で福田氏と1対1で会食をしたという。そのたびにセクハラ発言があったため、録音を始めた。今月4日の会食時にもセクハラ発言があり、上司にセクハラ被害を報じるよう相談したが、上司は2次被害の懸念などから「報道は難しい」と伝えたという。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文606文字)

あわせて読みたい

注目の特集