メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

妻がいなければ撮れなかった 想田和弘監督インタビュー/前編

現在公開中の映画「港町」(C)Laboratory X, Inc.

 米・ニューヨーク在住のドキュメンタリー映画監督、想田和弘さん(47)の新作「港町」が、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムなどで上映中だ。「事前にリサーチをしない」「台本は書かない」「カメラを自分で回す」「ナレーションや説明テロップは使用しない」などの10カ条を自らに課す「観察映画」という手法で映画を製作する想田監督。モノクロで幻想的な同映画は、岡山県瀬戸内市牛窓町に住む86歳の漁師「ワイちゃん」と、そのそばで立ち話する女性「クミさん」との出会いにより生まれたという。【聞き手・西田佐保子】

この記事は有料記事です。

残り3621文字(全文3871文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  4. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に
  5. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]