メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

会津まつり

意義など紹介 協会が「栞」発行 /福島

 会津まつり協会は、会津若松市内で開かれる秋の恒例行事「会津まつり」の意義や内容などを紹介した「会津まつりの栞(しおり)」を発行した。近年薄らいでいるまつりの理念を再確認し、後世に伝える材料にしたい考えだ。

 協会が昨年設置したまつりの方向性を考える検討委員会の提言を踏まえて製作した。

 冊子では、まつりが戊辰(ぼしん)戦争で…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです