メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子宮頸がんワクチン

理解深めて 無料公開講座 さいたまで22日 /埼玉

 子宮頸(けい)がんなどを予防するHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの定期接種の積極的呼びかけが2013年に一時中止されてから、6月で5年を迎える。HPVワクチンは現在も安全性を巡る議論が続いている。県医師会などは「専門家から知識を得て接種の判断材料にしてほしい」と22日、県民健康センター(さいたま市浦和区)で一般市民を対象にした公開講座「子宮頸がんをなくそう 子宮頸がんとワクチンの正しい知識」を開催する。

 HPVワクチンは13年4月、国の定期予防接種の対象になった。しかし、接種後に全身の腫れや痛みなどの訴えが相次ぎ、厚生労働省は同年6月、定期接種の対象になったことを通知するなどの「積極的干渉」を控えるよう自治体に通知した。一方で、HPVワクチンは現在も定期接種の対象となっており、県内では原則として小6~高1相当の女子が無料で3回の予防接種を受けることができる。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです