メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子宮頸がんワクチン

理解深めて 無料公開講座 さいたまで22日 /埼玉

 子宮頸(けい)がんなどを予防するHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの定期接種の積極的呼びかけが2013年に一時中止されてから、6月で5年を迎える。HPVワクチンは現在も安全性を巡る議論が続いている。県医師会などは「専門家から知識を得て接種の判断材料にしてほしい」と22日、県民健康センター(さいたま市浦和区)で一般市民を対象にした公開講座「子宮頸がんをなくそう 子宮頸がんとワクチンの正しい知識」を開催する。

 HPVワクチンは13年4月、国の定期予防接種の対象になった。しかし、接種後に全身の腫れや痛みなどの…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文740文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 「拘置所でXmas」再逮捕ゴーン前会長の勾留状況に仏メディア批判的
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 日産 ゴーン前会長の名誉博士号、褒章どうする?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです