メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草加市立病院

腹腔鏡手術問題 第三者委の設置を遺族が申し入れ /埼玉

 草加市立病院で腹腔(ふくくう)鏡手術を受け、その後に死亡した女性の遺族が、病院側に第三者で構成する事故調査委員会の設置などを求める申し入れ書を提出した。遺族の代理人弁護士が19日明らかにした。

 同病院では、保険適用に必要な国の基準を満たさないまま子宮がんの腹腔鏡手術を患者69人に実施していたことが…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです