メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 三鷹の森ジブリ美術館(東京都三鷹市) 映画の世界にトリップ /東京

 吉祥寺通りの緑豊かな散歩道を進むと、レトロな看板が見える。玄関先ではトトロが出迎え、エントランスのステンドグラスからは光が差し込んでいる。見上げると、ナウシカや猫のジジが描かれたフレスコ画が物語の始まりを予感させる。

 日本のアニメを文化に昇華させた宮崎駿監督が館主となり2001年にオープンした。

 広報の小林一美さんが言う。「小さい頃にここで感じたものが大人になったときにその人の中に何かの形に残れば」

 そのイメージは「一本の映画のような美術館」だ。地下1階から2階まで吹き抜けの中央ホールが広がり、ら…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文686文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです