メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夫婦別姓

「早期実現を」 訴訟中の青野さん講演 富山 /富山

夫婦別姓制度の早期実現を呼びかける青野慶久さん=富山市湊入船町の県民共生センターサンフォルテで、青山郁子撮影

 夫婦別姓を選べる法制度がないのは憲法に違反しているとして、国に賠償を求めて東京地裁に提訴したソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東証1部上場)の青野慶久社長(46)。16日にあった第1回口頭弁論で国側は争う姿勢を示した。注目される「夫婦別姓訴訟」に取り組む青野さんがこのほど、富山市内で講演し、「この裁判を突破して次の日本を作りたい」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文932文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟・上越市でも山田太郎氏の票少なく 選管「開票は適正」
  2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  5. 吉本興業東京本部に爆破予告 社長会見前に110番

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです