メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セクハラ疑惑

財務省、認識甘さ露呈 すべての対応裏目

 セクハラ発言疑惑で、事務方トップの福田淳一事務次官が辞任に追い込まれた財務省。世の中のセクハラに対する見方が厳しさを増すなか、世間とずれた甘い認識が発端となり不手際を重ねた結果、すべての対応が裏目に出た形となった。

 週刊新潮が疑惑を報じた12日、麻生太郎財務相は参院財政金融委員会で、福田氏から「誤解を受けぬよう気をつけたい」と申し出があったとして、「反省もあったので、これ以上聞くつもりはない」と答弁した。口頭で注意しただけで、それ以上の調査は必要ないとの認識を示したが、その後、この見通しが甘かったことが明らかになる。

 翌13日、週刊新潮はインターネット上で「胸触っていい?」などと発言する福田氏の声とみられる音声デー…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 関電金品受領問題 後任社長人事にも影響 調査次第で「候補者全滅」も

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです