トランプ米大統領

対北朝鮮、強気の構え 「非核化で明るい道」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【パームビーチ(米南部フロリダ州)高本耕太】トランプ米大統領は18日、6月初旬までに予定する金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談について「もし実りあるものにならないと思ったら、会談は開かない」と述べ、成果が前提である点を強調した。会談に臨んだ場合も「実りある結果を得られないと判断した場合(協議の場から)立ち去る」と述べ、北朝鮮の非核化に向けて厳しい姿勢で臨む考えを強調した。南部フロリダ州で開いた安倍晋三首相との共同記者会見で語った。

 トランプ氏は北朝鮮との関係について「大きな進展を遂げた」と指摘。トランプ政権が科した「信じがたいほど力強い制裁」が北朝鮮の政策転換の要因となり、非核化に向けた対話機運が生まれたとの認識を改めて示した。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文718文字)

あわせて読みたい

注目の特集