メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「軍事力は力強いハンマーだが、直面する問題が常にクギだとは限らない」

 味わうべき言葉である。米軍の元制服組トップ(統合参謀本部議長)とのインタビューで教わったが、「ハンマーを持つ者はそれを振り回したがる」という言葉と表裏をなすらしい。

 では米英仏軍のシリア攻撃はどうか。打ち込むべき「クギ」を正しくたたいたか。誤って時限爆弾のスイッチなどをたたかなかったか。

 最も懸念されたのは米露の交戦である。シリアにはアサド政権を支えるロシア軍が駐留している。万一、露軍…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文958文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  2. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  3. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  4. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」
  5. 会見 麻生氏「飲み倒した人の医療費、払うのあほらしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです