メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「軍事力は力強いハンマーだが、直面する問題が常にクギだとは限らない」

 味わうべき言葉である。米軍の元制服組トップ(統合参謀本部議長)とのインタビューで教わったが、「ハンマーを持つ者はそれを振り回したがる」という言葉と表裏をなすらしい。

 では米英仏軍のシリア攻撃はどうか。打ち込むべき「クギ」を正しくたたいたか。誤って時限爆弾のスイッチなどをたたかなかったか。

 最も懸念されたのは米露の交戦である。シリアにはアサド政権を支えるロシア軍が駐留している。万一、露軍…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文958文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  2. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  5. 大阪震度6弱 休校、ガスや水道停止 日常生活の影響続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]