メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

産業の宅配=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 4月は、新しいことに挑戦したくなる季節だ。学校や企業の多くで新年度を迎えるためかもしれないし、春になり、いっせいに花が咲き緑が芽吹くこの時期は、自然と心がなにかの始まりを感じるのかもしれない。

 気仙沼ニッティングも4月から、地味ではあるが、一つ新たなことを始めることにした。それは、災害公営住宅に出張して「編み会」を開催するというものだ。車を運転しない人も、自分の住んでいる部屋からエレベーターを降りるだけで参加できるようにする。

 「編み会」とは、編み手が週に1度集まって作業する場のことだ。日ごろ編み手は自宅で編み物の仕事をして…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. ORICON NEWS ラルク、全436曲&全MV51本をサブスク解禁 インスタも開設

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです