メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・気象・防災

新地震予測システム導入

全国の地震情報を24時間体制で監視している地震火山現業室=気象庁提供

 気象庁は大地震の発生を知らせる緊急地震速報について、各地の地震計を活用して震源から遠い地域でも精度の高い速報ができるとする予測システムを3月から導入した。「PLUM(プラム)法」と呼ばれ、南海トラフ巨大地震も想定したシステムだ。

 これまでの緊急地震速報は、震源と規模を推定することで、各地の震度を逆算してきた。具体的には、地震計が地震の初めに小刻みに揺れる初期微動(P波)を捉えて、震源と規模を計算。その震源を起点に、P波の後からゆっくりと伝わり強い揺れで被害をもたらす主要動(S波)を予測し、震度4以上が予想される地域には警報を出す仕組みをとっていた。

 ただ、欠点も指摘されてきた。震源域自体が拡大していくような巨大地震では、発生当初の予測と実際の揺れ…

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1328文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです