メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

霧島連山・硫黄山

250年ぶりに噴火 宮崎・鹿児島県境

噴火し煙を上げる霧島連山の硫黄山(右手前)。左奥は新燃岳=宮崎、鹿児島県境で2018年4月19日午後5時25分、本社機「希望」から徳野仁子撮影

 19日午後3時39分ごろ、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山のえびの高原・硫黄山が噴火した。硫黄山の噴火は1768年以来で、250年ぶり。噴煙は最高で約500メートルまで上がり、火口周辺で大きな噴石の飛散も確認された。気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。宮崎、鹿児島両県による…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]