メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尼崎脱線13年

変わる現場、遺族複雑 見るとつらい/JR西は隠したいだけ 進む保存工事、今夏完成

屋根の設置など慰霊施設の整備が進むJR福知山線脱線事故現場=兵庫県尼崎市で2018年4月13日、本社ヘリから山田尚弘撮影

 2005年4月25日に乗客ら107人が死亡した兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、列車が激突したマンションを覆うアーチ状の屋根や慰霊碑などの整備工事が進む。今夏の完成を前に既に真新しい屋根が姿を現し、現場周辺は大きく様変わりしたが、建物を事故当時の姿のまま残すよう望んだ遺族は、複雑な思いを抱えている。【近藤諭、根本毅】

 JR西日本は1、2階部分に事故の痕跡が残るマンションや周辺の土地を購入し、現場のあり方について遺族・負傷者にアンケートを繰り返した。「全部保存」の訴えから、「マンションを見ると思い出してつらい」として撤去を求める声まで意見は分かれたが、最も賛成が多かった「一部保存」案を採用。9階建て(高さ約27メートル)だった建物のうち4階(同約13メートル)までを階段状に残すことを決め、16年7月~17年1月…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです