メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尼崎脱線13年

変わる現場、遺族複雑 見るとつらい/JR西は隠したいだけ 進む保存工事、今夏完成

屋根の設置など慰霊施設の整備が進むJR福知山線脱線事故現場=兵庫県尼崎市で2018年4月13日、本社ヘリから山田尚弘撮影

 2005年4月25日に乗客ら107人が死亡した兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、列車が激突したマンションを覆うアーチ状の屋根や慰霊碑などの整備工事が進む。今夏の完成を前に既に真新しい屋根が姿を現し、現場周辺は大きく様変わりしたが、建物を事故当時の姿のまま残すよう望んだ遺族は、複雑な思いを抱えている。【近藤諭、根本毅】

 JR西日本は1、2階部分に事故の痕跡が残るマンションや周辺の土地を購入し、現場のあり方について遺族…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです