メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

家庭、地域発「小型図書館」子ども文庫 最盛期の4分の1に 草の根の力で良質な本届け

「子どもたちと絵本や本を読む喜びを分かち合いたい」と話す正置友子さん=大阪府吹田市の青山台文庫で、倉田陶子撮影

 家庭や地域で、ボランティアが子どもたちに図書の貸し出しや読み聞かせを行う「子ども文庫」が減り続けている。100年以上前に始まり、最盛期の1980年には全国で4000~5000カ所あったとみられるが、少子化や主宰者の高齢化などから閉鎖が相次ぎ、近年は約4分の1に減った。良質な図書を届ける、その役割を改めて考える。【倉田陶子】

この記事は有料記事です。

残り2018文字(全文2181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです