メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秩父

「にゃんこと温泉で癒やされて」保護猫お楽しみ会

「人懐っこい猫と温泉に癒されてください」と語る引間貴子さん=秩父市下吉田の笑にゃんこ王国で2018年4月14日午後2時31分、錦織祐一撮影

 埼玉県秩父市周辺で、捨て猫を引き取って育てて飼い主に仲介する「保護猫」を100匹以上飼育している「笑(にこ)にゃんこ王国」(同市下吉田)は20~22日、隣の温泉施設「星音(せいね)の湯」と連携したイベント「温泉とにゃんこのお楽しみ会」を開催。主催者は「人懐っこい猫と温泉の両方に癒やされて、一日ゆっくりしてほしい」と呼び掛ける。

 笑にゃんこ王国は、同所の温泉旅館「ばいえる」を家族で経営する引間貴子さん(54)が運営。引間さんは30年以上前から捨て猫の保護を続けており、約20年前から3階建ての元社員寮を丸ごと改装するなどして、3棟延べ計約270平方メートルで保護猫を飼う。昨年6月には施設運営の一般社団法人「笑にゃんこの会」を設立した。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 分かれても「民主党」 立憲、国民、衆院比例代表で同じ略称 票は「案分」へ

  3. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  4. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  5. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです