メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徳島

「阿波とん豚」体外受精で繁殖成功 安定供給に期待

体外受精で生まれた阿波とん豚の子豚=県提供

 徳島県立農林水産総合技術支援センターは、県産ブランド豚「阿波とん豚」の体外受精卵を別の食用豚へ移植し、繁殖することに成功した。阿波とん豚の需要は年々高まっているが、一般の食用豚に比べて出産頭数が少ないことが課題だった。今後、体外受精の成功確率をさらに高め、安定した供給を目指す。

 研究では、阿波とん豚の体外受精卵を西洋系品種に移植。昨年7月の1回目の移植では成功しなかっ…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 乾、香川、柴崎らが先発 本田は外れる
  3. 地震 大阪・震度6弱 行ってきます直後 塀倒れ女児巻き添え
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. 加計学園 会見に愛媛知事「もっと早くできなかったのか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]