メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弁当

味重視「地味弁」じわり 「キャラ弁」転換の兆し

MAYAさんの地味弁。ご飯の上に載せたサバ塩焼きは存在感がある=MAYAさん提供

 弁当の主流が、食材でキャラクターや動物を華やかにかたどる「キャラクター弁当(キャラ弁)」から、味や栄養を重視する「地味弁」に変わりつつある。書店の料理本コーナーでも、地味弁の関連本が目に付く。昨年流行した「インスタ映え」の影響もあり、料理界は見栄え尊重の風潮が強かったが、実質重視への転換の兆しもうかがえる。【鈴木梢】

 さいたま市の主婦(39)は長女が幼稚園児だった約5年前、「ママ友」の影響でキャラ弁作りを始めた。長女が弁当箱の蓋(ふた)を開けると見せる誇らしげな笑顔を思い浮かべ、早起きして台所に立つことが増えた。長女の要求は「今度は別のキャラクターも作って」とエスカレート。時間と手間が増大し、「もう作れないわよ」と“宣言”した。

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1054文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 「情熱がある限り戦える」 キング・カズ、守勢の中チャンス演出 最年長記録更新

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです