メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弁当

味重視「地味弁」じわり 「キャラ弁」転換の兆し

MAYAさんの地味弁。ご飯の上に載せたサバ塩焼きは存在感がある=MAYAさん提供

 弁当の主流が、食材でキャラクターや動物を華やかにかたどる「キャラクター弁当(キャラ弁)」から、味や栄養を重視する「地味弁」に変わりつつある。書店の料理本コーナーでも、地味弁の関連本が目に付く。昨年流行した「インスタ映え」の影響もあり、料理界は見栄え尊重の風潮が強かったが、実質重視への転換の兆しもうかがえる。【鈴木梢】

 さいたま市の主婦(39)は長女が幼稚園児だった約5年前、「ママ友」の影響でキャラ弁作りを始めた。長…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1054文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです