九州新幹線

長崎ルート、与党の方針決定が協議前提

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 JR九州の青柳俊彦社長は19日の定例記者会見で、九州新幹線長崎ルートの整備方針に関して「運行方式が決まることが議論の最初だ」と話し、与党の方針決定が沿線自治体を含む協議の前提になるとの認識を示した。

 青柳社長は18日、東京であった与党の整備新幹線建設推進プロジェクトチームの検討委員会の意見聴取で、…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

あわせて読みたい

ニュース特集