静岡県教委

部活ガイドライン策定「週2日以上休養日を」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ガイドラインについて説明する静岡県教委の担当者=静岡県庁で2018年4月19日午後3時48分、島田信幸撮影
ガイドラインについて説明する静岡県教委の担当者=静岡県庁で2018年4月19日午後3時48分、島田信幸撮影

 静岡県教育委員会は19日、中学校と高校の運動部の活動時間の目安を定めたガイドラインを策定、公表した。これに先立ち教員らにアンケートを初めて実施し、正顧問の約13%が「部活動に気が進まない・苦痛」と答えたことも明らかにした。県教委は適切な1日の最長活動時間を「中学は平日2時間・休日3時間程度」「高校は平日3時間・休日4時間程度」に設定。各校長はガイドラインを参考に活動方針などを決める。

 県教委は中高の全教員約9000人にアンケートを実施し、6599人から回答を得た。生徒と保護者にも抽出調査を実施し、生徒2938人、保護者2889人が回答した。その結果、中学の平均活動日数は平日は1週間あたり3.7日、休日は月5.2日で、1日の平均活動時間は平日1時間28分、休日4時間半。高校は平日は1週間あたり4.5日、休日は月6日で、1日の平均活動時間は平日2時間20分、休日4時間12分だった…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文605文字)

あわせて読みたい

注目の特集