長崎帆船まつり

帆を張る訓練公開や花火も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「長崎帆船まつり」が始まり、入港する帆船。後方は女神大橋=長崎市で2018年4月19日、本社ヘリから田鍋公也撮影
「長崎帆船まつり」が始まり、入港する帆船。後方は女神大橋=長崎市で2018年4月19日、本社ヘリから田鍋公也撮影

 国内外の帆船が長崎港に集まる「長崎帆船まつり」(長崎市など実行委主催)が19日、長崎市の長崎水辺の森公園一帯で始まった。帆を張る訓練の公開や花火の打ち上げがあり、23日までに約20万人の人出を見込む。

 初日は「観光丸」など日本とロシアの3隻による入港パレードがあった。5隻が参加予定だったが、国内最…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

あわせて読みたい

注目の特集