メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

国際高専生が海外体験を報告(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について



2018年4月20日

学校法人金沢工業大学 国際高等専門学校

NZでの1年間の留学体験
タイ・チェンマイの農村でのイノベーション創出
国際高専生が海外体験を報告

国際高等専門学校(校長:ルイス・バークスデール)では、4月21日(土)10時より国際高専金沢キャンパス(石川県金沢市久安2-270)3階合同講義室にて「オタゴポリテクニク留学生帰国報告会」・「ラーニングエクスプレス参加学生帰国報告会」を開催いたします。

NZオタゴポリテクニク留学プログラムは、1年間の留学プログラムとして平成16年に「エンジニアのための英語教育強化」の一環として始まりました。国際高専とニュージーランド国立オタゴポリテクニクが共同で作成したカリキュラムにより、英語のみならず、数学や物理、情報工学、電気工学、機械工学などの工学科目も学びます。留学期間中は、オタゴポリテクニク周辺の家庭にホームステイしますので、日常生活においても英語を学ぶ環境があります。昨年度のプログラムには18名が参加し、昨年度1年間ニュージーランドで学びました。今回の発表会では、彼らがその留学で培った英語を使い、1年間で学んだことや体験したことなどをユーモアを交えながら発表します。また、今年度国際理工学科へ入学した学生たちは3年次のオタゴポリテクニク留学が必須となっており、今回の報告会へも参加し金沢キャンパスの学生たちと交流を図ります。

ラーニングエクスプレスは、グローバル人材を育成する教育の試みとして2013年から東南アジアの農村で実施しているプログラムです。異なる国の学生達が多国籍チームを組み、発展途上国やその地域を訪問し、フィールドワークを通して、地域発展、環境問題、持続可能な社会などの観点からの問題発見、問題解決策を提案し実施するという、国際的ソーシャルイノベーションプロジェクトです。今年は、3月4日から3月17日まで学生4名が金沢工業大学や提携校・シンガポール理工学院やラジャマンガラ工科大学ランナー校(タイ)の学生たちとタイ・チェンマイの村に滞在しました。村の住民たちへのインタビューや観察を通してその地に必要なものやシステムを見い出し、設計したものを住民にプレゼンテーションするプログラムはすべて英語で行われました。その一連の活動内容をプロジェクトに参加した4名の学生が発表します。


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです