メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

閉幕 保護主義対抗策なく 協議平行線、議長「限界ある」

 【ワシントン清水憲司】主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は20日、トランプ米政権の保護主義政策に対する抑止策を見いだせないまま、2日間の日程を終えて閉幕した。議長国アルゼンチンのドゥホブネ財務相は閉幕後の記者会見で「(各国の立場に)差異がある」と協議が平行線をたどったことを認め、「G20には限界があることを認識しなければならない」と述べた。

 米中の貿易摩擦の激化など「貿易戦争」の懸念が高まる中、3月の前回会合に続き、通商問題が主要議題にな…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  3. 大阪・住吉小6女児 依然不明 手がかりなく 姿が見えなくなり3日

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです