メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

ケイティ・ペリー 完璧な演出で歌に近付く

ケイティ・ペリー( 撮影:Masanori Naruse)

 何もかもがカワイイ。テレビ番組で司会者が思わず放った言葉が頭をよぎった。冒頭からカワイイの嵐なのだ。ゴールドの衣装にも負けていない、ケイティ・ペリーの笑顔の輝き。加えて健康的でポジティブなオーラ。3年ぶりの再会の喜びを幸福感で満たしてくれた。

 六つのパートで構成されたコンサートは、まずポップな歌の世界観をビジュアル化したステージセットに目を奪われた。そのなかでダンサー8人と繰り広げるパフォーマンスは、客席からどう見えるかを計算し尽くした緻密な動きで、まるでミュージックビデオを生で見ている感覚に襲われる。巨大なルービックキューブのようなセットではひとつひとつの正方形が上下に昇降するのを利用して、前後左右に複…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです