春の連続ドラマ

記者座談会/上 明日への活力/疲れるリアル 既視感ある「正義のセ」「Missデビル」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 4月に始まった連続ドラマの初回を視聴した記者の座談会を2回に分けて送る。前半戦は作品で記者の評価が大きく分かれた形になった。

 --今回から東京学芸部の記者だけでなく、大阪学芸部の記者(K)にも加わってもらう。まずは、天才的な頭脳を持つダー子(長澤まさみ)ら3人組詐欺師の物語、「コンフィデンスマンJP」から。

 K お人よし詐欺師役の東出昌大の情けない演技が良く、長澤との掛け合いも息が合っていた。でも第1話での、飛行機のドアを開けたり、そこから落とした荷物が都合良く鳥取砂丘に落ちたりする展開は、さすがに無理があったな。

この記事は有料記事です。

残り2108文字(全文2369文字)

あわせて読みたい

注目の特集