連載

AomoriStory

毎日新聞デジタルの「AomoriStory」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

AomoriStory

悲哀、見守る百年桜 ハンセン病療養所 /青森

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 木々にはそれぞれ「第一印象」がある。樹木医の逢坂淳さん(51)が、その百年桜を初めて目にした時に感じたのは、「ずっと苦労してきた長老に対して抱くような温かみ」だった。

 青森市石江の国立ハンセン病療養所「松丘保養園」。約24万平方メートルの敷地には、3000本以上の木が植えられている。2011年秋、逢坂さんは園内に初めて足を踏み入れ、ソメイヨシノの巨木に出合った。樹齢は100年ほど。桜の名所「弘前公園」にある数々の名木にも匹敵する。

 「長老」の体は傷んでいた。腐った幹の中。弱々しく小さな葉。ここ20年ほどはほとんど放置されてきたと一目で分かった。その一方で、以前は誰かが手入れしていた痕跡もあった。

この記事は有料記事です。

残り2327文字(全文2629文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集