メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「平易な説明を」 市民団体が要請書 県民健康調査 /福島

 東京電力福島第1原発事故の被ばくによる健康被害の実態を調べる県民健康調査について、現時点での調査結果の説明と意見交換の機会を求め、県内の市民団体が20日、内堀雅雄知事などに宛てて要請書を提出した。

 「県民健康調査のあり方に関する要請書」で、提出したのは「311甲状腺がん家族の会」と「子どもたちの健康と未来を守るプロジェクト・郡山…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです