放射性廃棄物

搬出中止を要請 横須賀市長に市民ら /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米海軍横須賀基地(横須賀市)配備の原子力空母ロナルド・レーガンのメンテナンス作業に伴って生じた低レベル放射性廃棄物の搬出作業が25日に行われるのを前に、市民団体「原子力空母母港化の是非を問う住民投票を成功させる会」は20日、横須賀市から米軍と日本政府に作業中止などを申し入れるよう、上地克明市長宛ての要請書を提出した。

 横須賀市によると、米軍側からの通告は12日。廃棄物は作業用手袋や雑巾、プラスチック片などで、コンテナに収容した上で運搬船に移し、陸揚げされることはないという。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文407文字)

あわせて読みたい

注目の特集