メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都観察いま・むかし

八木先生の覚え書き/42 京大「タテカン問題」 都市景観と表現の自由考える /京都

 大阪の政治学習団体のメンバーがビラ貼りで軽犯罪法と屋外広告物条例違反の罪に問われた裁判で、「ビラ貼りは個人の主張や意見を一般に伝える方法としてもっとも重要。一般市民が通行する場所にビラを貼る保障は十分にすべきだ」と、堺簡易裁判所が無罪判決を出したのは1987年5月のことでした。当時、筆者は毎日新聞の学芸記者として、“思想・表現の自由”の視点から取材を続け、この意外で画期的な判決の意義を解説コラム「ニュースきょうあす」(87年5月28日付)に執筆しました。もう31年も前のこの判決(上級審では逆転有罪)を思い出したのは、筆者の念頭に「京都大学タテカン問題」があったからです。ビラ貼りとタテカンではいささか趣を異にしますが、思想的には類似性があります。

 「京大タテカン問題」は本紙でも報じられたので御承知の読者も多いと思います。昨年来、京都市が「京都市…

この記事は有料記事です。

残り1966文字(全文2343文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉田沙保里さんをインナーウェアのモデルに起用 ワコール
  2. 食肉加工場でパート従業員の女性が右腕切断 加工会社など書類送検 福岡
  3. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける
  4. 年金支給額は増えたのか 三原じゅん子議員の演説をファクトチェック
  5. 心愛さん父 「やめて」と止める母に馬乗り 野田虐待初公判 被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです