メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストライキ

労組通告、23日に両備バスが 新規参入に抗議 26、27日も /岡山

 両備グループの「両備バス労働組合」(組合員数478人)は20日、県に通知していた23日のストライキについて、予定通り実施すると会社側に通告した。両備グループでは26、27両日にもストが予定されている。

 通告は、72時間前の通知が義務付けられている労働協約に基づく措置。通告書によると、27日に新バス路線の運行を始める八晃運輸(岡山市)の参入により、会社に大幅な減収が見込まれるため、組合員の雇用が危ぶまれると主張。組合員の雇用と生活を維持するためにストを実施し、新規参入を許した国にも抗議していくとしている。

 23日は午後1~3時、西大寺バスセンターとJR岡山駅をつなぐ岡山西大寺線で運転を取りやめる。会社側は「ストを回避するため鋭意交渉を続ける」としており、ストは中止になる可能性がある。ただ、実際にバスが止まれば約500人に影響するという。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです