メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 キャンプ地内定 春日市にアイルランド 敗者復活予選優勝チームも /福岡

市長「国際理解深めたい」

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)の組織委員会は20日、出場チームが1次リーグで使用する公認キャンプ地を内定し、福岡から県・福岡市、北九州市、春日市の4自治体が選ばれた。ウェールズやアイルランドなどの代表6チームが訪れる。県内からは宗像、久留米両市も立候補していたが、落選した。【宗岡敬介】

 キャンプ地が内定した春日市の井上澄和市長は記者会見し「大変うれしく思う。W杯は世界屈指のスポーツイ…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文756文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
  2. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  3. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  4. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  5. アメフット 会見詳報(2) 監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]