メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 キャンプ地内定 春日市にアイルランド 敗者復活予選優勝チームも /福岡

市長「国際理解深めたい」

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)の組織委員会は20日、出場チームが1次リーグで使用する公認キャンプ地を内定し、福岡から県・福岡市、北九州市、春日市の4自治体が選ばれた。ウェールズやアイルランドなどの代表6チームが訪れる。県内からは宗像、久留米両市も立候補していたが、落選した。【宗岡敬介】

 キャンプ地が内定した春日市の井上澄和市長は記者会見し「大変うれしく思う。W杯は世界屈指のスポーツイ…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです