セクハラ疑惑

麻生氏「進退考えぬ」 財務省、次官再聴取へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍政権の退陣を求める野党合同の集会で、黒服を着た女性議員を中心に財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑などに抗議する議員たち=国会内で20日、川田雅浩撮影
安倍政権の退陣を求める野党合同の集会で、黒服を着た女性議員を中心に財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑などに抗議する議員たち=国会内で20日、川田雅浩撮影

 麻生太郎財務相は19日(日本時間20日午前)、訪問先の米ワシントンで、財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑などを受けて麻生氏の辞任を求める声が高まっていることについて、記者団に「進退は考えていない」と話した。政府は失地回復を急ぐが、野党は一段と批判を強めている。

 麻生氏は「(福田氏)本人は(セクハラは)ないと言っている以上、きちんと調査しないとなんとも言えない」と福田氏の任命責任を改めて否定。テレビ朝日が、女性社員が福田氏からセクハラ被害を受けたとして財務省に抗議したことについては「しっかりと受け止めなければならない」と述べた。

 財務省は20日、テレ朝に「納得いただけるやり方で(女性社員側から)話を伺いたい」と伝えた。これを受け、テレ朝は「慎重に検討する」とのコメントを発表した。また、財務省は20日の野党合同ヒアリングで、顧問契約を結ぶ弁護士事務所を通じて福田氏を再聴取する方針を示した。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文778文字)

あわせて読みたい

注目の特集