メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
質問なるほドリ

部活練習時間減るの? 教員の残業対策で指針 生徒のけが予防も=回答・鈴木敦子

昨年11月、教職員らが記者会見し「ブラック部活NO」などと訴えた=小国綾子撮影

 なるほドリ 中学や高校の部活動(ぶかつどう)の練習時間が減って、休みの日が増えると聞いたよ。どうして?

 記者 スポーツ庁(ちょう)が3月、運動部活動に関するガイドライン(指針(ししん))を作って全国の自治体や学校などに通知したからです。指針は、平日の練習時間を約2時間まで、休日でも約3時間までとし、休養日(きゅうようび)を週2日以上(土日の1日を含む)設定するよう求めました。公立校は、設置者(せっちしゃ)の都道府県や市町村がこの指針に沿った方針を作成し、各校が従うことになります。群馬(ぐんま)や滋賀(しが)などはさらに踏み込んで朝練(あされん)を「原則禁止(げんそくきんし)」としました。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文869文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

  4. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです