最高裁

再雇用賃下げ、初判断へ 原告「正社員と同じ仕事」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 仕事内容は同じなのに定年後の再雇用で賃金を減らされたのは違法だとして、横浜市の運送会社「長沢運輸」で働く契約社員の運転手3人が正社員との賃金差額を支払うよう同社に求めた訴訟の上告審弁論が20日、最高裁第2小法廷(山本庸幸(つねゆき)裁判長)であった。運転手側は逆転敗訴した2審判決の破棄を求め、会社側は維持を求めて結審した。判決は6月1日に言い渡される。【伊藤直孝】

 2013年施行の改正労働契約法は20条で、正社員のような無期雇用と契約社員のような有期雇用について、仕事内容が同じであれば労働条件に不合理な格差があってはならないと定めている。この解釈について最高裁は初判断を示すとみられる。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文809文字)

あわせて読みたい

注目の特集